大学の規模が小さい分、友達同士の関係が親密~甲南大学文学部

大学の規模が小さい分、友達同士の関係が親密~甲南大学文学部

私は甲南大学文学部の、英語英米文学科に在籍していました。
大学の勉強はとても大変で、高校までの受験英語とは違い、文学作品が書かれたころの時代背景や、コアな文法、ビジネス英語など、今までやったことの内容で戸惑いました。

でもその分、やりがいがありました。外国映画を字幕無しで見たり、英語で討論し合ったりする授業はとても面白かったです。
授業は予習が必要なものがほとんどだったので、平日できなかった分は土日にまとめてやるというのが日課になっていました。
これはどの大学にも言えると思うのですが、文学部、特に英文学科は男の子が少ないです。私の大学の英文学科は男女比1:9くらいでした。なので学科内で彼氏を作るのは大変かもしれません。
私はその大学でテニスサークルに入っていました。甲南大学にはテニスサークルが10団体以上あります。テニス中心だったり、飲み会が多かったり、初心者の割合が高いなど、サークルによって雰囲気が違うので、興味がある人はまず試打会に行くのがおすすめです。
甲南大学内にはパンセというカフェテリアがあります。私はそこのカフェモカがお気に入りでした。
大学の近くにはさすが神戸という感じで、おしゃれなカフェやパン屋さん、服屋さんなどもあります。岡本駅北側にあるひつじ茶房というカフェが雰囲気の良い感じです。
学食はちょっと混んでいるので、2限3限両方入っている日は難しいかもしれません。そういうときは売店で何か買って、外のベンチなどで食べるのがおすすめです。
あと楽しかったのは学祭です。

サークルや委員会などの団体が出店を出します。甲南大学は他の大学に比べてキャンパスが狭いので規模が小さく見えるのですが、ミスコンなどのイベントも充実していてとても楽しいです。

卒業後も学祭に行って大学時代を懐かしむのが私の楽しみです。
甲南大学の特徴は、大学の規模が小さい分、友達同士の関係が親密だと思うし、就活のときも先生が親密になってサポートしてくれます。
派手でなくて良いから濃い充実したキャンパスライフを送りたい人にはとても良い環境だと思います。

もしこの記事を読んで気に入っていただけましたら、以下のソーシャルボタンで共有・コメント投稿していただけますと非常に嬉しいです。

LINEで送る