挑戦することを後押ししてくれる大学~京都産業大学・外国語学部~

挑戦することを後押ししてくれる大学~京都産業大学・外国語学部~

京都産業大学は山の上に立地しているので、京都市内出身の子でも通学が不便なところではありますが、総合大学で敷地も広く、伸び伸びとした環境の中で勉強することが出来ます。

学食の数も豊富で、1週間毎日別の所でも食べられるし、コンビニで何か買って気持ちいい見晴らしと空気の中で食べる昼食は素敵でした。

ただ、当時はエスカレーターの数が少なく、外国語学部からコンビニまでの道のりは、行きは下りなので良いのですが、帰りは急な坂か階段だったのでしんどかったです。
そして勉強する環境はもちろん整っていて、自習可能な教室はいっぱいあるし、図書館も広く充実しています。

講義を上手く受けるコツとしては、大教室などではやはり前列が集中できます。後列ですと私語をする人や席を立つ人がいるので集中出来ません。

また、大学に慣れてくると、時間割も部屋に気をつけて作ると良いです。敷地が広いので、次の授業と前の授業の場所が遠すぎると、休み時間ギリギリになってしまったりするからです。
また、サークルや部活の数も多いのでどれに入ろうか悩みました。色々体験したのですが、結局自分でサークルを立ち上げてしまいました。設立には苦労しましたが、いい経験になり、就職活動でも役に立ちました。
卒業してから思ったのですが、京産は挑戦することを後押ししてくれる大学だと思います。

無理だと思っていた留学や、サークル設立にも親身にアドバイスくれましたし、アルバイトや資格取得にも励むことが出来ました。やりたいことが多すぎて4年間などあっという間でしたが、通えて楽しかったです。

もしこの記事を読んで気に入っていただけましたら、以下のソーシャルボタンで共有・コメント投稿していただけますと非常に嬉しいです。

LINEで送る