自分のやりたいことを突き詰める場所~岐阜大学・地域科学部~男性

自分のやりたいことを突き詰める場所~岐阜大学・地域科学部~男性

キャンパスライフは、高校の時に自分が想像していた以上に楽しいものです。

高校時代は、「大学にはいると自分の好きな事を勉強する」と思っていました。しかし、実際入学すると、勉強よりも、もっと自分のやりたいこを突き詰めることができます。

なにか明確な目標、例えば「看護師になる」「医者になる」などが無い人にとっては、大学で机上の勉強に時間を費やすよりも、本当に自分の好きな事に時間を費やし、いろいろな経験を積むことが大切だと思います。

私の学部は、専門性が乏しい分、自分の好きな事に時間を多く費やせます。

私は、サークルには入っていませんが、学生団体に所属しています。岐阜にある学生団体・岐阜人です。岐阜人に活動を通して、いわゆる普通の大学生が知る機会の少ないような店を知れたり、人に出会えます。私自身、岐阜のカフェやバーに詳しくなりました。

学生団体の活動を通じて知った、「カラスノス」と言うバーは行きつけです。なかなか学生が知ることの無いような、岐阜駅前の細い裏路地にあります。いろいろな「縁」を持つことができる上に、あまり知られていないお洒落なお店ですので、デートでも使えます。

他大学との出会いが多い学生団体で知り合った彼女とは、「カラスノス」へ行くとこが多々ありますが、学生はほとんどおらず、特別感を演出したデートができます。細い裏路地に面しているため、店から出た後も二人の時間を楽しみながら歩いて帰ることができます。

いろいろな経験を積み、たくさんの人と出会うことで、自分の知見や縁を広げ、さらには楽しい遊び場も見つけることができます。いろいろな経験を積む中で、自分の将来の方向性が定まり、勉強に打ち込むことにつながりました。

もしこの記事を読んで気に入っていただけましたら、以下のソーシャルボタンで共有・コメント投稿していただけますと非常に嬉しいです。

LINEで送る