センター試験の英語はとにかく単語力~名古屋市立大学~男性

センター試験の英語はとにかく単語力~名古屋市立大学~男性

今回は大学受験やセンター試験といったテーマの中でもさらに英語に絞って僕なりの意見を述べます。更に、英語が少し苦手だと思っている人に向けて、です。

センター試験レベルの英語は、はっきり言って単語力を試しているようなものです。つまり、単語をどれだけ知っているかがカギになる、というのが僕が勉強してきた中で得た結論です。

文法ももちろん重要ですが、それはあくまで問2で重要なだけで、多くの人が苦戦する長文読解に至ってはさほど重要ではありません。

たとえ完了形の文法を完璧にして、このhaveは完了形のhaveだ、使役のhaveだなどと見抜けても、単語がわからなければ本末転倒です。

それよりも、単語を知っていれば、それをつなげることによって、完璧な訳はできなくとも意味や言いたいことはなんとなくわかってきます。

また、単語帳や参考書は何冊もいりません。単語帳は特に、1冊で大丈夫です。いろいろな本に手を出すよりも、とにかく何回も何回も、本がぼろぼろになるまで、繰り返してください。そうすればきっと単語を知っているという事で、こんなにも読めるようになるのだと気付くと思います。

もちろん、先に行ったように文法もおろそかにしてはなりません。しかし、英語をどうやって勉強すればよいかわからない人や単語をおろそかにしている人、まだ高1高2でこれから勉強しようと思っている人、英語はとにかく「単語力」です。

もしこの記事を読んで気に入っていただけましたら、以下のソーシャルボタンで共有・コメント投稿していただけますと非常に嬉しいです。

LINEで送る