2時間頑張り1時間休憩する

2時間頑張り1時間休憩する

高校3年生の夏休みと冬休みに2時間勉強して1時間休憩するという勉強メニューをこなしていました。
これを1日に3セット。進学校だったため、長期休みは学校独自の生徒が全員参加の補習授業があり塾へ通うことはありませんでした。

夏休みにセンター試験の過去問題や受験を考えている大学の赤本を解き始めました。
まだ問題形式に慣れていない為か解けない問題が多かったですが、
数多くこなしていくと自然と慣れてきます。

基本的なことかも知れませんが、勉強する時は静かな環境できちんと机に向かう。
暗記問題は見ているだけでなく声に出し、紙に書きながら頭に入れていく。
テキストや問題集は初めから直に書き込まずに不要な紙の上で繰り返し演習する。
私はこれをアドバイスしたいと思います。
テレビを見ながらの勉強は残念ながら何も身につきません。

学校で業後に教室に残って勉強をした方がはかどるのか?(無駄話をするクラスメイト場合はおすすめしません)
図書館の自習室へ行くのか?
すぐに帰宅して家で勉強をした方が良いのか?自分にとって勉強しやすい場所を知っておくのも大事だと思います。

また、人の集中力が持続するのは90分から120分程度だそうです。
それで2時間1教科を勉強して1時間ほど休憩を取る。そして次の教科に2時間を費やす。
2時間毎に教科を変えていくのでさほどのストレスもなく勉強が進むと思います。

受験を乗り切った経験と精神は後に色々な場面であなたを支えてくれます。
あの夏、あの1年をあんなに頑張れた自分なら これも出来るはず。
社会人になって資格の勉強をする時など当時のことを今も鮮明に思い出します。

もしこの記事を読んで気に入っていただけましたら、以下のソーシャルボタンで共有・コメント投稿していただけますと非常に嬉しいです。

LINEで送る