とにかく自分に見やすいキーワードメモ帳をつくる~早大本庄~男性

とにかく自分に見やすいキーワードメモ帳をつくる~早大本庄~男性

私が高校受験のために取り組んだ勉強法の一つはマイキーワードメモ帳を作ることです。

これは教科書や参考書、タブレットなどを使用していると、それらを流し読みだけで終わらせてしまい、自分で書き出して覚えるということが無くなります。

私の場合は特に試験で勉強した覚えのある問題にいざ出会っても、流し読みだけだと咄嗟に答えが出てこないことが多々ありました。もちろん問題が選択式であればその選択肢の中からヒントをみつけて思い出すこともありますが、筆記問題では自分の記憶とひらめきだけが頼りです。

しかし試験中にそんな解答の暗中模索をすれば試験時間が無駄になる可能性が大きいです。

ですから私はすべての教科で、“これは絶対に暗記したい”という言葉や年号、数式をメモに書き出し、メモ帳としてファイルしていました。メモと言ってもあまり細々と書き出すことはしません。教科のカテゴリーごとに分類し、ある程度の補足をいれられるように余白を作っておきました。

そうするとあとで塾などで出題の可能性が高いといわれた用語などを付け足すことができますし、何よりもあとから見直した時に見やすいからです。

この書き出して見易くするということは重要です。一つの教科の勉強中に集中力が落ち、気晴らしにふと他の教科の参考書などを開くと読み込んでしまい、元の教科に戻れなくなることがあります。そこでそのメモ帳を使用すればさらりと復習できすぐに元の教科に戻ることができます。何よりそのメモ帳を見て、自分がこれだけ勉強し、暗記しているという自信にもなります。

ですからとにかく自分に見やすいキーワードメモ帳をつくることがベストです。

もしこの記事を読んで気に入っていただけましたら、以下のソーシャルボタンで共有・コメント投稿していただけますと非常に嬉しいです。

LINEで送る