講義は中学レベル、入試は「同意」で合格 文科省がダメ出しした“仰天大学”とは?講義は中学レベル、入試は「同意」で合格 文科省がダメ出しした“仰天大学”とは?

「開設以来、学生が1人も入学していない大学」って、廃墟レベルですよね・・・
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1460471

「数学の授業は四捨五入から」「受験生と大学の『同意』で合格」「新入生が一人もいない」――。新設の大学や学部でこんな事例が相次ぎ、文部科学省が改善指導に乗り出しました。若者の減少とキャンパスの新増設で「大学全入」とも言われる時代。とりわけ知名度の低い地方大学で、教育の質の低下が懸念されています。

もしこの記事を読んで気に入っていただけましたら、以下のソーシャルボタンで共有・コメント投稿していただけますと非常に嬉しいです。

LINEで送る